<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

料理&写真講座

f0110391_1655148.jpg
[PR]
by chi-sara | 2010-08-15 16:06 | 料理教室

睦実パンと水出し紅茶

米粉パンの睦実さんは、月に何度も行ってしまう大好きなお店です。
今日は、ランチに食べるパンを買いに行きました。

f0110391_141042.jpg


都祁で自然農をされている羽間さんが、育てたお米で作られた
おむすびパンと、私の定番おとうふパン。
そして、羽間さんの作られた紅茶。
自然発酵紅茶です。
睦実さんで教わった、サンティーで。

サンティーは、太陽の力を借りて紅茶を抽出する方法。
午前中、茶葉と水を入れたピッチャーを太陽にあてて抽出しました。
旨みもしっかり出るそうな。
睦実さんで初めて羽間さんの水出し紅茶をいただいたとき
甘味さとさわやかさに、惚れてしまいました。

年中HOTか、常温の飲み物を愛飲していますが、この紅茶は少し冷やして飲むのが好きです。
羽間さんのお茶は、睦実さんで購入できます。
[PR]
by chi-sara | 2010-08-15 14:14 | マクロビ・ソトゴハン

はねっとの森  料理&写真の講座

大阪淀屋橋にある、はねっとの森で行われている
お料理教室に度々参加させていただいています。

はねっとの森では「薬膳コース」や「マクロビオティックはじめてコース」などがありますが、
私が参加しているのは「季節のお楽しみ料理」のクラスです。
講師をしてくださっている宮一先生は
クリエイティブなお料理とハーブ使いが魅力的なレシピを教えてくださいます。
季節に合わせたハーブやカラダの中をきれいにする食材がたくさん登場します。
女性は、特ににうれしいお勉強ですね。
宮一先生は、才色兼備な方です。
憧れています。

以前に参加したときのお料理です。
f0110391_14521218.jpgf0110391_14525929.jpgf0110391_14531883.jpg

・車麩あんかけ
・雑穀サラダ
・ごぼうの玄米リゾット
・デトックスポタージュ
・黒豆のゼリー

今度、はねっとの森で「料理&写真講座」があります。
お料理を学びながら、料理写真をきれいに撮るコツを学べるお得な講座です。


日  時 : 2010年8月24日(火) 13:00~17:00 (12:30開場)
場  所 : 淀屋橋アップルタワーレジデンス 2階 アップルホール
      地下鉄御堂筋線淀屋橋駅⑪番出口より東へ徒歩5分
参加費 : 4,500円
定   員: 12名


ご興味のある方は、はねっとの森までお問い合わせ下さいませ。

はねっとの森
〒541-0044 大阪市中央区伏見町3-1-1
淀屋橋アップルレジデンス1102号
TEL/FAX:06-6121-6988
(不在の場合は、留守電にメッセージを残しておいてください)
mail:info@npo-ha.net

[PR]
by chi-sara | 2010-08-14 14:38 | 料理教室

もちきびドーナツと水羊羹

f0110391_161092.jpgf0110391_1611289.jpg



最近作ったお菓子たちです。
どちらも、リクエストしていただいて作ったお菓子です。
自分の好きなお菓子ばかりだと、偏ってしまうものですね。
いいチャレンジになりました。

最近は、甜菜糖やメープルメープルシロップも使わずにお菓子を作っています。
甘酒や米飴、フルーツの甘みを使います。
特にもちきびドーナツは、ドライフルーツともちきびだけで、こんなに甘くできるんだ!って
驚いた一品です。
もちきびドーナツは、デコさんのもちあわドーナツのレシピで作りました。
こちらも、混ぜて揚げるだけなので意外とすぐ出来ました。
作り方は、デコさんの本をご覧下さいませ。




■水羊羹■
(15×15cmの型)
A
こしあん  300g
米飴    30g
寒天フレーク 4g
水     200cc
自然塩   少々

B
本葛    大1
水     大1

C
抹茶   適宜
寒天   適宜
水    適宜


寒天フレークは水に浸けて溶かしておく。
鍋に移して加熱し、漉して完全に溶けたか確認。
もう一度、鍋にもどし、こしあんと米飴を加え、少し煮詰める。
Bを混ぜておき、火からおろした鍋に加える。
再度火にかけかき混ぜながらとろみがつくまで加熱。
味を見ながら自然塩も加え、火からおろす。
荒熱をとってから、水でぬらした流しかんに入れる。
氷水を張ったバットに流しかんを浸し、固まらせたら出来上がり。

(抹茶の層も作る場合)
抹茶の層は、同様に寒天液を作っておき、抹茶を加えダマが残らないようによく混ぜる。
こしあんの層がやや固まったら加える。

要は、寒天液とあんこと甘味料を混ぜて固まらせたら出来上がりということです。
和菓子は敬遠しがちでしたが、あんこさえあればあとはシンプルな工程でした。
こしあんは、つぶあんをブレンダーにかけて作りました。

寒天と葛を使って固めるのがポイントでしょうか。
寒天だけではあっさりとした食感になるので
葛を加えて少しやわらかさを足します。
今回は、こしあんの層の上に抹茶の層を重ねました。
少し高さが足りなかったので急遽加えました。
抹茶の層は、適当に作ったので量はわかりません。

[PR]
by chi-sara | 2010-08-14 14:30 | マクロビ・手作りゴハン


すいとう・サボテン・マクロビオティックな日々


by chi-sara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
すいとう
サボテン
ヨーロッパ
マクロビ・ソトゴハン
マクロビ・手作りゴハン
料理教室
未分類

お気に入りブログ

休日アポロ
Feels like h...
奈良の空から
babel cafe ...
ベジごはん 笑顔じかん ...
樸木blog
ネコムラブログ
きもちぃ~生活
半分こ。。
ヒビノウタ☆
ミトンのマクロビキッチン
シアワセノカケラ
やさしいこころ
**FUWA*ふわ*FU...
自然印生活
Natural Swee...
vege dining ...
BOSCOの日記
ハンドメイド革ステーショ...
ゆったり まったりと・・・
じゅだめも
**FUWA*ふわ*FU...
すろー・すろーらいふ
オオニシ恭子のヨーロッパ...
PURE∞SOUL
まめつづら
h a n a ~穀菜料...
オオニシ恭子の薬膳日記
more more gr...
さえだ日記

ブログパーツ

以前の記事

2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


Re:S vol.1


Re:S Vol.2


オルタナ 2009年1月号


手づくりのすすめ


クロワッサン特別編集 ビオ・マクロビオティツクライフ Vol.7 オーガニック大研究 (マガジンハウスムック)


滋養ポタージュで始めるヨーロッパ薬膳 野菜だけで作るマクロビオティックスープ51 (講談社のお料理BOOK)


トゥエンティスリー


オールウェイズ・フィール・ディス・ウェイ EP(CCCD)


Rock My Fiddle


菜菜スイーツ―卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧