<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

1月30日

■夜ごはん■
f0110391_10463617.jpg・甘辛レンコン餅サンド
・あらめとお野菜の重ね煮
・納豆と長芋の和え物
・お味噌汁
・玄米ごはん

レンコンとお餅のサンドは、こちらのレシピを参考に。
切ったレンコンをフライパンで蒸し焼きにして、火が通ったら醤油とみりんをジュッとかけて
焼いたお餅をサンドします。
仕上げに、白ゴマを振りかけて出来上がり☆

お好みで青紫蘇をはさんでもおいしそうです。
私は、水菜をはさみました。
マスタードなどもあいそうです。
お餅好きにはオススメです!
レンコンのシャクシャクとお餅が
なんともいえないコンビネーションです☆
簡単ですけど、サンドすることでちょっとよそいきな雰囲気になってませんか^^
[PR]
by chi-sara | 2008-01-31 10:26 | マクロビ・手作りゴハン

1月28日

■夜ごはん■

f0110391_9443100.jpg・かぼちゃとカリフラワーのシチュー
・あらめと野菜の重ね煮
・白菜と水菜のお味噌汁
・もちあわ玄米ごはん


かぼちゃとカリフラワーのシチューは厚揚げも入れ
とろみはそば粉で。
重ね煮は、大根・玉ねぎ・あらめ・人参で。

今朝は、朝から土鍋で玄米を炊きました。
ここのところはずっと圧力鍋で炊いていたのですが
陽性気味な私には土鍋の方がいいのだろうなと。
けれど手軽さに負けて慣れた圧力鍋で炊き続けていました。
ようやく土鍋をひっぱりだしていつもより時間をかけて炊きました。
おいしく炊けたかな☆


陽性気味な人は、陰性のものを摂ればいいというわけではなく
陽性を減らすと考えるほうがいいと教えていただきました。
陽性だから甘いものを食べてもいいよね☆なんて
言い訳にお菓子に手を出したりするのはやっぱり違うみたいです^^;
あと、蒸青菜をいただくことは心がけています。

大学は、卒論の締め切りや発表会を終え
騒がしく緊張感のある日々だったのに
すっかり静かになってしまいました。
仕事がグンと少なくなってうれしいような
ちょっぴり寂しいような。
学生は、みんなかわいい妹です。
その年によってゼミの雰囲気も全然違います。
今年の4回生は、チームワークがとってもよくて
自分のことより他人のことを優先できる子たち。
私も楽しく働くことができました。
感謝感謝。

大学は2月に入るとすぐ春休み。
早いですね~☆
[PR]
by chi-sara | 2008-01-30 09:16 | マクロビ・手作りゴハン

1月27日

■夜ごはん■
f0110391_14582100.jpg・蒸し野菜と豆腐ディップ(カリフラワー・小松菜・長芋)
・大根とそばの実の炊き合わせ
・あおさと白菜のスープ
・もち粟玄米ごはん




炊き合わせは、大根・厚揚げ・こんにゃくとそばの実で。
母が育てた小さな大根は、火の通りも早くて助かる。
あっさりと味付けて優しいお味に。

f0110391_1458269.jpg・きびもち入りぜんざい



この日は、久々食後のデザート付。
先日オーガニック八百屋の「ろ」さんへ行ったら店主さんがついたお餅を発見。
赤米入りときび入りのお餅があり、きび入りのものを。
お餅は、フライパンで蒸し焼きにするのが最近のお気に入り。
手づくりのお餅は、なめらかでもち肌のべっぴんさん。
なつめで甘みをつけた小豆といただきます。
[PR]
by chi-sara | 2008-01-29 15:09 | マクロビ・手作りゴハン

1月26日

■夜ごはん■

f0110391_17593238.jpg・そば粉のお好み焼き
・蒸し小松菜そばの実あんかけ
・もちあわ玄米
・ふのりと白菜のスープ

先日、まくろびおで教わったそば粉のお好み焼き。
山芋も混ぜて中はふんわり外はカリッと香ばしくできあがりました。
善右衛門さんのところで買わせていただいたベジタリアンソースをかけて。

そばの実は初調理。
意外とすぐにやわらかくなってくれるものなのですね。
切干大根とあらめも加えて葛のあんかけソースに。
これから、そば料理が増えそう☆

そば料理であったまる夕食に。
[PR]
by chi-sara | 2008-01-28 18:00 | マクロビ・手作りゴハン

1月23日 まくろびお

「まくろびお」に初めて行ってきました。
まくろびおの名前は存じ上げていたのですが
平日夜の営業ということで、なかなか行くチャンスがなかったのですが
マクロを通じて知り合った素敵なお姉さまに
誘っていただいき念願かないました☆

仕事の後に、ワイワイとお食事なんて久しぶり☆
お酒なんかも飲んじゃいました^^v
誘ってくださった方とそのお友達の方と3人で
レディーストークに花が咲きました。
しかしよく笑いましたね~♪
そうそうすっごく楽しみにしていたまくろびおのお食事!

f0110391_17501285.jpgf0110391_17502321.jpgf0110391_17503048.jpgf0110391_17503931.jpg
f0110391_1751092.jpgf0110391_1751617.jpgf0110391_17511378.jpgf0110391_17512325.jpg

この日のメニュー(料理名は私が勝手につけました、全然違っていたらすみません)
・風呂吹き大根ゆず味噌風味
・手作り豆腐そばの実あんかけ
・ゴボウの胡麻よごし、蓮根、青梗菜、里芋、里芋と小豆 煮物五品盛り合わせ
・ひじき煮
・蓮根のはさみ揚げと白菜サラダ自家製とうにゅ~ず
・蕪と人参の豆乳クリームシチュー
・切干大根の煮物と白菜の浅漬け
・玄米ご飯
・お味噌汁
・山芋パンケーキとキャラメル風味クリーム


食事のペースに合わせて、できたてのお料理を一皿一皿だしてくださいます。

蓮根のはさみ揚げには、れんこんとべジミートのお団子がはさまれていて
そば粉でサクサク。
豆乳のクリームシチューもそば粉でとろみづけされていて
小麦粉は腸を荒らすので多様していない様子。
そば粉の方がかりっとしておいしいそうです。
そばの実もしっかり味わえて、温まります☆

山芋のパンケーキは、クリームが間にも挟まれていて贅沢☆
ちょうどこの日、山芋を使ってかるかんやパンケーキが作りたいな~と
ネットで作り方を調べていたんです。
それが、デザートにでてくるなんて幸せ~^^v

お店のご主人は、ふんわりした雰囲気と
「人間こけてもただでは起きない」と頼れる一面を見せてくださる素敵な女性☆

お一人でテキパキとお料理されています。
(お仕事の手を止めてしまうくらいたくさん話しかけてしまってすみませんでした^^;)
私たちの話に加わりながらも
お一人ですべてのお料理を用意。
広いとは言えないキッチンで
どうしてこんなにたくさんのお料理が次から次へとでてくるのか
ちょっぴり不思議。
しかも温かいのがうれしい。

どのお料理も手が込みすぎず
家庭的なんだけど一味違う。
ちょうどいい塩梅。
味の加減や料理の好みは人それぞれ。
味が薄いという人もいれば濃いという人もいるそう。
でも、自分のここからは譲れないという料理人のこだわりがしっかりある。
その感じが伝わるとてもおいしいお料理でした。。

最後のデザートまでしっかり完食です。
しめて3500円プラスお酒代。
お店の雰囲気も落ち着けて、しっぽりもワイワイもいける空間。
新地という場所にありながら、とても気のよい場所でした。

◆まくろびお◆
住所:大阪市北区堂島1丁目3-28堂島センター
電話:06-6343-0961
営業:月~金 17時~23時
    ランチもなさっています。
    カウンター7席のお店なので要予約です。


お友達と食事に行ってどっと疲れてしまうこともあるのですが
この日は、ワイワイお話してもうすごく楽しくて
疲れるどころか元気をいただいて
体までホコホコになっちゃいました。
マクロのお話もしたけれど、女同士のちょっと毒気を含んだ
「あぁわかるわかる!」的な話が盛り上がりましたね~。
ほんと誘って下さったまるさん、ヒロさん店主の小出さんありがとうございました☆
[PR]
by chi-sara | 2008-01-24 15:55 | マクロビ・ソトゴハン

1月20日 グリーンフィンガーズ

谷町付近にある「ベジ グリーンフィンガーズ」というお店にランチに行ってきました。
お店は、「惣」という長屋を改装して数件のお店が入った建物の中の一軒。
はじめてだったのでどんな方がお店をされているんだろうとドキドキ楽しみでした。

店内は、カウンターとテーブルが二つ。
ミゾレの散る寒空をテクテク歩いてきたので
しっかりストーブの利いた店内はとっても
暖かかったけれどそれだけではなく
長屋の和風なたたずまいと洋風の内装が
ちょっと不思議で、ぬくもりのある雰囲気のお店です。
女性のご主人が一人で切り盛りされていました。
この日のランチ。

f0110391_11283019.jpg
・梅醤番茶
・セロリと豆乳のスープ
・大根サラダ
・小松菜おひたし
・レンコンバーグ?
・玄米の俵おむすび
・昆布の佃煮


スープは、ざっくりカットされたじゃがいも・蕪・人参・玉ねぎがゴロゴロ
いろいろなお野菜の味とお味噌の味がちょうどいい☆
しかもボリュームたっぷり☆
色合いもかわいいランチです。

大根サラダには、赤色のドレッシングが。
食べてみるとわかるかな~とおもったけれど
何かわからず…でも甘みがあったので
干し柿のドレッシングかな~と思います。
あとは、レンコンで作ったつくねのようなのもむっちりとしていて好きなかんじでした。


久々に開拓してみたお店。
お料理ももちろん大満足ですが
あったかいお店とご主人の優しい雰囲気がとても気持ちよく
居心地がよかったのでまた行きたいと思いました。
私は最近よく北欧の伝統音楽であるフィドルを聞くのですが
こちらのお店でもフィドルが流れていて、音楽にも詳しい店主さんに
おすすめのアーティストを教えていただいたり楽しい時間を過ごせました♪

ドリンクのメニューも結構あった気がします。
岸和田で無農薬栽培された梅のジュースとか
オーガニックハーブティーも充実でした。

◆ベジ グリーンフィンガーズ◆
大阪市中央区瓦屋町1-6-2 惣1F
06-6763-1983
営業時間:11:00~19:00
定休日:水(祝祭日営業)
谷町6丁目駅④番出口から約5分
[PR]
by chi-sara | 2008-01-21 14:21 | マクロビ・ソトゴハン

1月16日

■夜ごはん■
f0110391_1119910.jpg・黒米と雑穀のごはん
・山芋のグラタン風
・小松菜おひたし
・はと麦味噌のお味噌汁

 近頃、お粥と同じくらい登場するのが黒米です。
この日は、黒米と分搗き米・もち粟・もち黍・ひえも加えて雑穀ごはんにしました。
雑穀は、おかずに使うことが多かったですが
ごはんに混ぜていただくのが最近は好きです。
 山芋グラタン風は、ひえ粉で作ったホワイトソースに山芋・にんじん・きのこ・厚揚げを加え仕上げに、胡麻豆腐と味噌と梅酢をすり鉢で合わせたものを上からかけて濃厚さアップ。
胡麻豆腐でつくるソースがこってりとしておいしいですよ~☆



私の職場である大学のゼミ生が最近玄米を食べ始めました。
以前に私と玄米やマクロビオティックの話をしたことを覚えてくれていて
彼氏が肝炎にかかったことをきっかけに自分も穀物菜食をしてみようと思ったそうです。
まず自分で穀物菜食を取り入れた食事をしてみて
ゆくゆくは彼にも勧めていくそうです。

先日「今日から玄米だよ」と報告があり、毎日のお弁当の報告もしてくれます。
私の持っている本を貸したり、どこで食品を買っているとか
そんな話をしたり、陰陽の話をしたり。
「食材が変わっているね」とも言っていました。
テンペの存在を初めて知ったそうです。

私がそうだったように、きっと食事を考えることから暮らしや環境についても考えるように
なっていくんだろうな~と思いました。
[PR]
by chi-sara | 2008-01-17 11:27 | マクロビ・手作りゴハン

1月15日

■夜ごはん■

f0110391_16291880.jpg・雑穀と小豆のお粥
・カリフラワーのポタージュ
・大根の味噌煮

最近よくお粥を作ります。
玄米かぼちゃ粥や大根味噌粥。
この日は、15日なので小豆をいれてみました。
それと雑穀。
もちあわ・もちきび・ひえです。
もち系の雑穀をいれると、お粥がもちもちになりますね~☆
いつものお粥と違いますっ。
これまた、はまりそうです^^v

大根の味噌煮は、出し殻の椎茸と切干大根も一緒も加えました。
[PR]
by chi-sara | 2008-01-16 16:34 | マクロビ・手作りゴハン

「アース」

今日は、朝から映画鑑賞。
作品は、今日から上映の『アース』。
f0110391_0433429.jpg

以前、映画館で『アース』の予告を見てその映像の迫力に
もうひたすら「ワーッ!!」って

地球は、まだこんな景色を隠していたんだと思った壮大なシベリアのタイガ。
ホッキョクグマの雪上を踏みしめる足音。
映画館で観るからこそ味わえる迫力が満載の映画です。

自宅で『ディープ・ブルー』を観たときは、ちょっと観たら眠ってしまった私。
ストーリーやセリフがなくて退屈に感じてしまいました。
今回も眠ってしまったらどうしようかちょっぴり不安もありつつ
でも動物たちの生死、母の愛情、求愛のコミカルな動きに魅了されて
最後まで集中して観ました。
主演の動物たちもいい顔してます。
カメラを意識しないで自然な顔が見られます。
自宅のTVもいいですが、大きなスクリーンで観ると退屈しませんよ☆

地球の地軸が傾いていることから起きる様々な気象の変化。
極寒の地の氷がとけて
アフリカの砂漠に現れるたおやかな川。
離れた土地も繫がっていて
世界はひとつなんだと感じます。
宇宙のリズムを感じるのにもいいと思います。

普段生活していて“感じる”ということが疎かになっているような気がします。
考えるのではなく感じる。
そういうことをいっぱいしてきたいです。

個人的には、空腹な状態で観ることをオススメします。
満腹状態より少しだけ動物たちの気分を共有できる気がしました^^

温暖化で北極の氷が解けると言われても何も実感が湧かないけれど
氷がとけることで北極にすむホッキョクグマが餌をとれなくなって
死んでしまった、その映像をみると
私がゴミを出していることや車に乗ることそんなことも影響している。
この一匹のホッキョクグマの命を奪った一端に自分が関わったことを実感します。

きっと北極の氷が解けてしまうことを止めることはできないと思う。
けれど、それを諦めや怒りとして捉えるのではくて
そこから学ぶことが大切なんだと思います。
映画館には、子ども連れの家族も結構いて
素敵なご両親だと思いましたし、たくさんの子どもにみてもらいたいと思いました。
子どもは、500円で見ることが出来ます。

地球に生きる動物や美しい景色を貴重と感じ
映像に収めなければと思う方がいて
それを観たい観なければと思う人がいる
そんなことに少し希望を感じました。
[PR]
by chi-sara | 2008-01-13 00:44

伊勢神宮

1月5日、伊勢神宮に参拝してきました。
伊勢神宮へは4年ぶり。
前回は、祖父と二人で参拝しました。
祖父はその年の春に他界したので私にとっては思い出深い地です。
祖父が亡くなってから毎年今年こそ参拝しよう。と思っていたのですが
なかなか達成できませんでした。
ところが今年は年が明けてから、両親の間で伊勢神宮でも行こうかという話になっており
予定のなかった私も急に行けることに☆

久しぶりの伊勢神宮。祖父と歩いた道を思い出しながらの旅でした。
そしてお昼は、祖父と来たときに初めて頂いた伊勢うどんを。
f0110391_1147415.jpg
伊勢うどんのフワフワした食感がとても好きで
ずっと食べたかったんです。
伊勢うどんは讃岐うどん好きには、
物足りないかもしれません。
煮込み過ぎたうどんの食感だと
言う人もいますね。
このソフトな感じがいいのに~^^

うどんのだしはスープではなくおしょうゆを
絡めたかんじ。
だしとお砂糖とおしょうゆを煮詰めたものだと
思います。
おうどんがしっかり浸ってしまっている部分は味が濃くて
少々つらいですが、このおうどんの食感は
やはりたまりませぬ♪♪

戸板のしまった赤福本店を横目に、おかげ横丁を散策して
伊勢神宮の参拝は終了です。
家族で特急列車に乗るのも久しぶり。
2席を向かい合わせにしたりして楽しい旅でした^^v
[PR]
by chi-sara | 2008-01-11 12:07 | マクロビ・手作りゴハン


すいとう・サボテン・マクロビオティックな日々


by chi-sara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
すいとう
サボテン
ヨーロッパ
マクロビ・ソトゴハン
マクロビ・手作りゴハン
料理教室
未分類

お気に入りブログ

休日アポロ
Feels like h...
奈良の空から
babel cafe ...
ベジごはん 笑顔じかん ...
樸木blog
ネコムラブログ
きもちぃ~生活
半分こ。。
ヒビノウタ☆
ミトンのマクロビキッチン
シアワセノカケラ
やさしいこころ
**FUWA*ふわ*FU...
自然印生活
Natural Swee...
vege dining ...
BOSCOの日記
ハンドメイド革ステーショ...
ゆったり まったりと・・・
じゅだめも
**FUWA*ふわ*FU...
すろー・すろーらいふ
オオニシ恭子のヨーロッパ...
PURE∞SOUL
まめつづら
h a n a ~穀菜料...
オオニシ恭子の薬膳日記
more more gr...
さえだ日記

ブログパーツ

以前の記事

2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


Re:S vol.1


Re:S Vol.2


オルタナ 2009年1月号


手づくりのすすめ


クロワッサン特別編集 ビオ・マクロビオティツクライフ Vol.7 オーガニック大研究 (マガジンハウスムック)


滋養ポタージュで始めるヨーロッパ薬膳 野菜だけで作るマクロビオティックスープ51 (講談社のお料理BOOK)


トゥエンティスリー


オールウェイズ・フィール・ディス・ウェイ EP(CCCD)


Rock My Fiddle


菜菜スイーツ―卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧