<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

とりいぞぎお礼まで

ただいま奈良に帰宅しました☆☆
東京のリマクッキングスタジオにて催されたお節を作る会に参加してきました。

会には、美風さんマクロビパパさん、じゅだのさんも参加され
奈良からの参加だったものの
大好きな方々にお会いでき賑やかに始まりました。

しか~し参加人数が多く、丁寧な作業とはいかず
ガヤガヤバタバタとお弁当工場さながらの雰囲気でした~^^;
いつの間にか、戦を勝ち抜くぞっ!みたいな妙な連帯感が生まれて
それはそれで面白かったのです♪♪
開始したのは1時全体が解散したのは8時でした~疲れたぁ
作ったお節は後ほど紹介できたらと思います。

お節作り以外に、試食もたくさん用意してくださいました。
会場で打たれた手打ち十割蕎麦!
揚げだし玄米餅
バニラ蕎麦豆腐とアングレーズソース
抹茶蕎麦団子と小豆汁粉。
どれもおいしかったです。

無事に皆さんお節を作って持ち帰ることができました。
会をしきってくださった先生、スタッフの皆さん
予期せぬ失敗にも対応していただき大勢をまとめてくださりありがとうございました。

その後、じゅだのさんとホテルのラウンジで乾杯。
お酒の弱い二人は、レモンスカッシュとクランベリージュースで。
ラウンジからは東京の夜景がキラキラ綺麗!
じゅだのさん素敵な場所へ案内してくださってありがとうございました^^v
ゆっくりお話できるなんて思ってもみなかったのでラッキー^^v
疲れた身体にしみいるうんまいジュースでしたねっ☆
じゅだのさんは、想像通りふんわり優しい雰囲気の美人奥様でした☆

それから美風さんとパパさんとちょっぴり合流
夜行バスで帰る私をバス停まで送ってくださいました。
バス停がわからずギリギリセーフ!
パパさんがバス停を探して下さらなければ乗り遅れていましたよ^^;
疲れた身体に鞭打ち走り回ってくださった皆様ありがとうございました。
お陰様で無事帰宅できました!!

卒論で大変な時期に朝からお会いしてくださった
おまめさんもありがとうございました。
頂いたシュートレン大切にいただきました。
柑橘の味がしっかりとってもおいしかった!
おまめさん食堂の手づくりのお味がいただけてうれしかったです。


今年を振り返ると、もう楽しかったことしか思い出せません。
井戸端会議に参加し、矢田のお料理教室にも参加できて
blogを通じてもたっくさんの縁に恵まれました。
こんなに一年でたくさんの方と出会えた年はありません。
皆さん、縁を大切にしてくださる素敵な方ばかり。
本当にありがたい。
感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さんに刺激を受け学ぶことがたくさん。
お陰様で自分で言うのも恥ずかしいですが成長できたと思います。
来年もこの縁を大切にしてまだまだ成長していきたいと思います。

今気になっている言葉は「冒険」
お仕事は小休止し自分探しの旅路を十分に冒険したいと思います。

皆さん来年も未熟な私ですが宜しくお願いいたします。
[PR]
by chi-sara | 2007-12-31 08:38

12月23日 babel cafe

土井口さんとセミナーの皆さんでクリスマス会&忘年会♪
会場は、babelcafeさん☆
久しぶりのbabelcafeさんはすっごく楽しみでした。
もちろんお料理もですが、素敵な店主さんとお会いできるのも楽しみでした。f0110391_12143938.jpgf0110391_12181458.jpgf0110391_1218506.jpg
f0110391_12152579.jpg

・天然酵母パン
・スープ(季節の野菜とハーブの香りの玄米の豆乳ポタージュ)
・豆腐チーズ
・ニソワーズ(サラダ)
・アボカドのグァカモレ
・タラモサラダ
・玄米ご飯
・さといもとたかきびの中華風あげ饅頭
・ごぼうグルテン
・ガルバンゾとナッツのシチュー
・カボチャの酒かすチーズ焼き

すごいおかずの種類でしょう☆☆
手が込んだお料理がうれしい^^
さといものお饅頭はもっちりだったし、ごぼうのグルテンミートは初めてのお味でした。
酒かすチーズとかぼちゃのグリルも好きなお料理でした。
スパイスのきいたものから中華風やギリシャ風のお料理まで色んなお料理が
楽しめるのがいいですよね♪♪
そしてデザートは、
土井口さんからのプレゼント!
ホールのケーキです☆
安納芋のモンブラン風!
甘さがちょうどよくて
おなかいっぱいなのにおいしくてボリュームのあるケーキもペロリでしたっ!
ごちそうさまでした☆☆☆
楽しいトークに、おいしいごはん、雰囲気のかわいいお店。
素敵な時間を過ごせました。
ありがとうございましたっv^^v
[PR]
by chi-sara | 2007-12-25 12:32 | マクロビ・ソトゴハン

12月22日 善右衛門的。カフェ

冬至のこの日は、朝から雨降り。
シトシト暗いなか京都へ。
目的地は、一乗寺。
叡山電鉄というワンマン電車に乗ったり、ちょっと山奥へ
来た感じの場所へ。
今回の一つ目の目的は、エナヒーリングというエステをされている
京都の一乗寺にあるまりんかさんへ^^v

エナとは子宮という意味。
骨盤を中心に全身をととのえて女性性を高めるヒーリングエステです。
子宮はとても疲れやすい臓器なので癒してあげたくなったのです。

マッサージなどは、施術してくださる方の力具合など相性があるとおもうのですが
今回初めて行かせていただいたまりかさんとの相性は
とってもよかったような気がします。
オイルマッサージをしていただきました。

まりかさんの、キラキラした笑顔と褒め言葉攻めで
グンと女性性がアップした気がしました☆
でも、これを維持するのが難しそうだわ^^;
とっても心が晴れやかになりリフレッシュできたのでまた行きたいと思いました。

一乗寺という場所は、初めてだったのですが、
面白そうな場所でした。
有名な恵文社さんや、ちょっと大きい自然食品のスーパーがあったり
天然酵母パンのお店があったり今度はゆっくり散策したいです。
この日は次の目的地、善右衛門さんの元へいそいそと☆

善右衛門的。カフェに着いたときはちょうどお昼のラッシュが過ぎた後
だったそうで、善右衛門さんと差し向かいしっぽりとひるめし。
f0110391_10583927.jpg冬至なので小豆かぼちゃ
れんこん酢づけ
おからの炊いたん
小蕪風呂吹き柚子味噌かけ
白菜菜ごま和え
ひじき豆
テンペカツ
小鉢はもずく酢
香の物
お味噌汁
玄米

白菜菜初じめて食しました。京都では小松菜より白菜菜がよく登場するそう。
善右衛門さんの作る小豆かぼちゃはとろりとした小豆とホクホク甘いかぼちゃが絶品。
たくさん食べたいと思うのではなくあぁおいしかったと満足できるのは善右衛門さんのパワーかな。


今年の冬至は1時8分に南中高度を示し、陰極まるそう。
そこから新しい5年間の地球のリズムが始まるとか。
そんな記念すべき日の記念すべき時間をよい気が満ちるここで
過ごせたことがなんだかうれしかったです。
よいスタートを切るぞって勢いをいただきました。


f0110391_11171972.jpg帰りに、京都のスーパーへ寄ってみると白菜菜ありました。
夕食に早速厚揚げとあっさり炊いてみました。
白菜菜の見た目はほっそりとした白菜。
火を入れる時間も少なくて済むのでいいですね☆
他には、切干大根とささがきごぼうの胡麻煮などあっさり和食です。
そうそう京都のスーパーでさわらのしらこも購入。
たらの白子ではなくさわらの白子。珍味らしい。
お味はたらもさわらも同じような感じでした。
[PR]
by chi-sara | 2007-12-25 10:55 | マクロビ・ソトゴハン

12月19日

f0110391_11354071.jpg■夜ごはん■
・菜花ソースのペンネ
・車麩の照り焼きと大根の塩グリル
・白菜と海苔のお味噌汁
・玄米




昨日の菜花とお豆腐のソースの残りをパスタソースに。
サイコロにカットした蕪や人参、ブラウンマッシュルームと春菊も入れて野菜たっぷりのパスタに。


最近、書道家の武田双雲さんのBLOGをよく拝見しています。
いつもメッセージ性の高い文章をお書きになっていて
いいなと思う記事は繰り返し読んでいます。
自分と日々向き合っている方で、自分への問いかけにもなります。
時間のある方は、のぞいてみてください☆
武田双雲オフィシャルブログ
[PR]
by chi-sara | 2007-12-20 09:27 | マクロビ・手作りゴハン

12月18日

f0110391_10582091.jpg■夜ごはん■
・黒米ライスコロッケ菜花ソース添え
・ブラウンマッシュルームと小豆のボイル
・人参芋とレンコンのスチーム
・白菜と海苔のお味噌汁
・玄米




f0110391_10585360.jpg昨日作った黒米のリゾットが少し残ったのでリメイクしてコロッケに。
そのまま丸めて、粉をふりかけ、水溶き粉とパン粉をつけて揚げただけ。
普通は地粉などを使うのでしょうけれど、ひえ粉が目に付いたのでひえ粉で作りました。
もっちりしたライスコロッケにできあがりました。
そのままでもよかったのですが
菜花と豆腐で作ったソースを添えました。
柔らかく茹でた菜花と茹で汁、水切りしたお豆腐、塩、白味噌をブレンダーにかけただけの簡単ソースですが、侮るなかれ^^とってもおいしかったです。

最近小豆をよくいただきます。
食べたくなるんです。
で、水煮したものとかを買ってきてはおやつ代わりに
そのままパクパク食べちゃうときもあります。
この日は、ブラウンマッシュルームと玉葱、小豆を
お野菜でとった出汁と少しのお醤油と梅酢でボイルしました。

大学では風邪をひいている子が目立ちます。
空気が乾燥していますね。
職場は、加湿器がないのでかなり乾燥しています。
とうとう私のお肌もカピカピに乾燥してしまいました。
笑うと顔が痛い。
早く加湿器購入しよう…。
[PR]
by chi-sara | 2007-12-19 12:30 | マクロビ・手作りゴハン

12月17日

f0110391_1014262.jpg■夜ごはん■
・黒米リゾット
・菜花と梅酢ごぼうの海苔巻
・厚揚げと根菜の酒粕クリーム煮
・白菜とわかめのお味噌汁

黒米リゾットは、お友達のおまめさんのレシピ。
おまめさんは、黒米100%のリゾットを★
私は、黒米と5分搗き米のハーフでリゾットにしました。

炒めた生米をお野菜のスープ自家製ベジブロスで炊いていきました。
微塵きりしたたまねぎと人参のシンプルなリゾット。
調味料は、お塩とおしょうゆ。
でも濃い目のベジブロスでそれはそれは風味豊かなリゾットでしたっ!

この日は、一層風が冷たかったので
クリーム煮には、ひえも入れました。
大きめに切った人参芋や蕪、蓮根なども入れて
あったか~い一品でした。
明日も寒くなりそう★
[PR]
by chi-sara | 2007-12-18 10:14 | マクロビ・手作りゴハン

12月16日

f0110391_9294743.jpg■夜ごはん■


・人参芋とおからのポテトサラダ
・厚揚げのきのこ&切干大根あんかけ
・菜花のとろろ昆布巻
・スチーム蓮根
・わかめと白菜のお味噌汁
・玄米



穀菜食サークルの帰りに、自然派スーパーのかんとりいさんへ
買出しに。
人参芋というものを発見。
聞いたところさつまいもの一種だとか。
このところお芋といえば長いもくらいしか買ってないなぁ
と珍しい人参芋を購入しました。
切ってみると本当に人参のようなオレンジ色。
茹でてマッシュしてポテトサラダに。
茹で上がりの香りが、人参を茹でたときの香りとそっくり。
食べてもほんのり人参のお味。
これがカロチンの香りとお味なんだな~と妙に納得。
甘みがあってねっとりとしたお芋でした^^

かんとりいさんの後は、少し車を走らせて久しぶりにNATIVE WORKSさんへ。
今日のお目当ては、オーガニックコットンの下着。
私は、一年の始まりに下着を全部新しいものに買い換えます。
なので下着をまとめ買い。
大学生の頃、女性の教授がそうしているとお話をされたのに影響されました。
それまでケチな私は、結構クタクタになるまで着古していました
女性として美しくない行為でしたね^^;
しかも今年はオーガニックコットンのとても気持ちよさそうな生地。
着用するのが楽しみです♪^^v

お店は、若いお姉さん達で結構賑わっていました。
お店の方と少しばかりお話をして楽しいひと時でした。
NATIVE WORKSのお二人が、自分の道でとても素敵に暮らしてらっしゃるので
私もガンバロウとウキウキ新たな気持ちになれます。
[PR]
by chi-sara | 2007-12-18 09:58 | マクロビ・手作りゴハン

12月16日 穀菜食サークル vol.5

今年最後の穀菜食サークル。
今回の先生は、2児の母。
先生の小さき人たちや生徒のお子様も参加してワイワイと始まりました。
子どもも喜ぶパーティメニューがテーマ。
穀物を喜んで食べてくれる献立です。
大皿に盛り付けて、取り分けていただきます。

f0110391_17115323.jpg


◇献立◇

・かぼちゃともちあわのポタージュ
・ひえのナゲット
・植物たんぱくのから揚げ風
・蒸し野菜と豆腐のディップ
・ミックスナッツとゆかりおにぎり
・年に一度の豪華ケーキ(豆腐クリームのケーキ)


f0110391_17122238.jpg 
 


かぼちゃのポタージュは、皮も含めて丸々スープにしても
きれいなように、白かぼちゃを使用。
子どもがもっと喜ぶように、コーンのクリーム缶もいれました。
先生曰く「玄米でポタージュも作ったけれど
玄米が苦手な子どもは、敏感で食べてくれなかった」とのこと。
知らぬうちに雑穀がちゃっかりいただける工夫のされたレシピです。

おにぎりも、コロコロと一口サイズ。
かわいくて尚且つ特別感があります。

このお料理教室は、お家でお料理しているような
ゆる~い雰囲気があって
世間話をしたりいろいろ教えてもらったり
良い意味で緊張感がなく楽しくお料理できます。

蒸し野菜をしていて、蒸しあがったお野菜がそのまま
蒸し器の中で色が悪くなっちゃっても気にしない。
ボールやミキサーの中のへばりついた残り物ももったいないわ~と
食べちゃうかんじ。
ほんと自宅でお料理しているそのまま素でお料理しています。
だからこそ、色々学ぶことがあります。
臨機応変な調理の工夫とか
機嫌の悪くなった子どもの扱い方とか
はたまた社会問題とか。

いつもいつもありがとうございます☆


f0110391_1743415.jpgジジさんにお裾分けしていただいた
「菓子美呆」のクッキー☆
最近、皆さん菓子美呆の虜♪
私もいただいてみたかったんです!
とってもおいしかったです!!
私もはやくお店へ行ってみた~い。
ネット販売もされていますので是非^^

菓子美呆

お料理教室では、情報交換もすっごく盛ん。
ちょっと話したことを覚えてくださっていて
情報をくださる方。
若い農家の方とのコンパへ誘ってくださる方も。
本当にありがたいです。
私も、誰かのために何かをしたい!といつも思わせてくれる場所です。
[PR]
by chi-sara | 2007-12-17 12:19 | 料理教室

12月12日

■夜ごはん■
f0110391_14232247.jpg・味噌漬け豆腐のステーキ もちきびあんかけ
・長いもとかぼちゃのゴマ煮
・小松菜とろろ昆布和え
・ごぼうの粕汁
・麦と黒米入りの五分搗きごはん

味噌漬け豆腐をフライパンで焼いていると、ほのかな味噌の香りがして食欲をそそります。
味噌漬け豆腐をそのままいただく時は何日か漬けておきますが
ステーキにするときは5時間程度漬けたものでいいようです。

長いもとかぼちゃのゴマ煮には、厚揚げも入れました。


今日は、忘年会。
ん~ちょっぴりこういう集まりは苦手です。
疲れちゃう。
お話を聞くのは好きなんですが、お話するのは苦手かな。
なんだか自分の薄っぺらさが露呈するので^^;
それに、今晩はお料理ができないのが残念。
[PR]
by chi-sara | 2007-12-13 15:19 | マクロビ・手作りゴハン

12月11日

■夜ごはん■

f0110391_1551031.jpg・和風豆グラタン
・かぶと金針菜の煮物
・小松菜胡麻和え
・わかめのお味噌汁
・玄米

和風豆グラタンはちょっと冒険メニュー。
というのもお豆は、納豆です。
でも、意外や意外結構おいしかった^^v


作り方は、みじん切りの玉葱を炒め甘い香りがしたら
好みの野菜を加え、出汁(ベジブロス)を注ぎやわらかくなるまで煮る。
お野菜がやわらかくなったら納豆を加え混ぜる。
それを、グラタン皿に入れたら、豆腐と白味噌・餅きびのチーズ風をのせて
オーブンで15分加熱。
海苔を散らして和風度アップ。

グラタンと納豆の両方食べたくて
でもおかずをたくさん作るのが面倒でそれなら…と合わせてみました。
納豆が少し納豆らしくなくなって、煮豆っぽいかんじ。
お豆を下湯でしてから作るのを思えば手軽にお豆料理できた気分です。
一人ごはんならではの実験的メニューでした^^v
[PR]
by chi-sara | 2007-12-12 16:22 | マクロビ・手作りゴハン


すいとう・サボテン・マクロビオティックな日々


by chi-sara

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
すいとう
サボテン
ヨーロッパ
マクロビ・ソトゴハン
マクロビ・手作りゴハン
料理教室
未分類

お気に入りブログ

休日アポロ
Feels like h...
奈良の空から
babel cafe ...
ベジごはん 笑顔じかん ...
樸木blog
ネコムラブログ
きもちぃ~生活
半分こ。。
ヒビノウタ☆
ミトンのマクロビキッチン
シアワセノカケラ
やさしいこころ
**FUWA*ふわ*FU...
自然印生活
Natural Swee...
vege dining ...
BOSCOの日記
ハンドメイド革ステーショ...
ゆったり まったりと・・・
じゅだめも
**FUWA*ふわ*FU...
すろー・すろーらいふ
オオニシ恭子のヨーロッパ...
PURE∞SOUL
まめつづら
h a n a ~穀菜料...
オオニシ恭子の薬膳日記
more more gr...
さえだ日記

ブログパーツ

以前の記事

2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


Re:S vol.1


Re:S Vol.2


オルタナ 2009年1月号


手づくりのすすめ


クロワッサン特別編集 ビオ・マクロビオティツクライフ Vol.7 オーガニック大研究 (マガジンハウスムック)


滋養ポタージュで始めるヨーロッパ薬膳 野菜だけで作るマクロビオティックスープ51 (講談社のお料理BOOK)


トゥエンティスリー


オールウェイズ・フィール・ディス・ウェイ EP(CCCD)


Rock My Fiddle


菜菜スイーツ―卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧