カテゴリ:マクロビ・手作りゴハン( 284 )

2011年 おせち料理

NYから帰国し、餅つきをしておせち料理つくり。
がらりと和の年末年始。

今年も、御節作りしました。
新しいメニューは、あまりないけれど今まで作っておいしかったものを盛り込みました。
f0110391_11394488.jpg


・蓮根と黒米のワイン煮
・かぼちゃ団子
・大根のナムル
・牛蒡の味噌煮
・そば粉ロール
・味噌漬け豆腐
・なます
・煮物
・二色きんとん
などなど

お節料理とと白味噌のお雑煮、シンプルなお料理で過ごす、穏やかな年初めでした。
[PR]
by chi-sara | 2011-02-21 11:45 | マクロビ・手作りゴハン

2010年の話題から~クリスマス編~

今年に入って始めての更新です。
忙しかったわけではないのですが、ときに大好きなこたつでボーっとしたり
相変わらず、お料理やお菓子作りもして、一日一日を楽しんで過ごしております。

昨年12月のお話から。
クリスマスパーティも立て続けに3つ参加させていただくという幸運に恵まれ、持ち寄ったりお呼ばれしたり
早々にクリスマス気分を楽しませていただきました。
お呼ばれしたのは、家庭サロンを開いてらっしゃる方のお家です。
持ち寄りパーティは、ananさんのお家で、最後は料理サークルのクリスマス会でした。
f0110391_10212598.jpgf0110391_10221341.jpgf0110391_10224149.jpg



f0110391_10171123.jpgf0110391_10172284.jpg



料理サークルの「ベジキッチン 遊」のクリスマス会では、田舎の日曜日のケーキを取り寄せたり
睦実さんの米粉パンを用意したり、紙芝居を上演していただいたり皆さんに喜んでいただけたと思います。



ここで、「ベジキッチン遊」のお知らせを

・HPが出来ました。「ベジキッチン 遊
よかったら、ご覧下さい。料理教室のスケジュールやレシピ(製作中)なども紹介しています。
・4月に岡部先生の講演会をすることになりました。
 まだ、予約受付中ですので、よろしかったらご参加ください。


[PR]
by chi-sara | 2011-02-21 10:34 | マクロビ・手作りゴハン

最近のはまりもの

ケーク・サレをよく作ります。
サレは、フランス語で“塩”の意。
塩の入った、ケーキ。

本屋でレシピ本を見てから、面白そうだな~と思っていたら
ananさんがおいしいケーク・サレを持って来て下さって。
自分でも作ってみたら、失敗もなくて手軽でおいしい。
天然酵母で作るので、発酵時間が少々かかりますが、へっちゃらさ。

f0110391_20505741.jpgf0110391_20512585.jpg

ブロッコリーとカシューナッツカレーソースのケーク・サレ

残り物の、お野菜やソースなんかを混ぜて作るから、レシピが無限に沸いてくるのが楽しいです。
プチパウンド型で焼くと、手土産にも良さそう。
しばらく手土産は、ケーク・サレ ケーク・サレ ケーク・サレ・・・でしょう。
よろしくお願いします。
[PR]
by chi-sara | 2010-12-03 21:02 | マクロビ・手作りゴハン

第2回 ガーデンパーティ

先日、我が家での第2回ガーデンパーティしました。
しかし、当日は寒い寒い
室内に入ろうかと迷ったものの何故か最後まで防風と雨に耐えてしまいました(笑)

みなさま、たくさんのパンやお菓子を持ち寄ってくださって!
それはそれは、おいしい思い♪をしました。
今回は、喜喜茶さんの中国茶会がお楽しみ!
初めて目にする中国茶のお作法。
かわいいお茶道具にドキドキしながら、頂きました。
冷えた体に染み入る温かいお茶のおいしいこと。
本当にありがとうございました。

f0110391_0285713.jpgf0110391_0293390.jpgf0110391_0301077.jpg


お菓子は、ananさんに依頼。
ananさんの作るお菓子に合わせて、喜喜茶さんがお茶を選んでくださいました。
ananさん作、柿のパウンドケーキやゆずのプチマーマレード。
おまけに妊婦さんやお子様むけの豆腐チーズケーキ。

私がリクエストした、ネコムラさん のきんつば。
きんつば好きのおとうさんの分も頂きました。
感想は、また作ってください。でした(笑)

他にも、スコーンと自家製甘酒を持ってきてくださった方。
テーブルに飾る、お花やキャンドル。
お米やお野菜を下さった方。
私の作るランチに合わせて、パンを焼いて来て下さった方。
今日の日のために、色々考えてくださったんだな~と思うとうれしすぎる。
勿体無くて…でも食べちゃう。
思い出にはずっと残しておきたい一日でした。

寒い中、遊びに来てくださった皆様お疲れ様でした。
風邪をひいてしまわれた方(現在把握している方1名)、すみません。

次は、鍋パーティとか?
会場募集(笑)
[PR]
by chi-sara | 2010-11-17 00:47 | マクロビ・手作りゴハン

もちきびドーナツと水羊羹

f0110391_161092.jpgf0110391_1611289.jpg



最近作ったお菓子たちです。
どちらも、リクエストしていただいて作ったお菓子です。
自分の好きなお菓子ばかりだと、偏ってしまうものですね。
いいチャレンジになりました。

最近は、甜菜糖やメープルメープルシロップも使わずにお菓子を作っています。
甘酒や米飴、フルーツの甘みを使います。
特にもちきびドーナツは、ドライフルーツともちきびだけで、こんなに甘くできるんだ!って
驚いた一品です。
もちきびドーナツは、デコさんのもちあわドーナツのレシピで作りました。
こちらも、混ぜて揚げるだけなので意外とすぐ出来ました。
作り方は、デコさんの本をご覧下さいませ。




■水羊羹■
(15×15cmの型)
A
こしあん  300g
米飴    30g
寒天フレーク 4g
水     200cc
自然塩   少々

B
本葛    大1
水     大1

C
抹茶   適宜
寒天   適宜
水    適宜


寒天フレークは水に浸けて溶かしておく。
鍋に移して加熱し、漉して完全に溶けたか確認。
もう一度、鍋にもどし、こしあんと米飴を加え、少し煮詰める。
Bを混ぜておき、火からおろした鍋に加える。
再度火にかけかき混ぜながらとろみがつくまで加熱。
味を見ながら自然塩も加え、火からおろす。
荒熱をとってから、水でぬらした流しかんに入れる。
氷水を張ったバットに流しかんを浸し、固まらせたら出来上がり。

(抹茶の層も作る場合)
抹茶の層は、同様に寒天液を作っておき、抹茶を加えダマが残らないようによく混ぜる。
こしあんの層がやや固まったら加える。

要は、寒天液とあんこと甘味料を混ぜて固まらせたら出来上がりということです。
和菓子は敬遠しがちでしたが、あんこさえあればあとはシンプルな工程でした。
こしあんは、つぶあんをブレンダーにかけて作りました。

寒天と葛を使って固めるのがポイントでしょうか。
寒天だけではあっさりとした食感になるので
葛を加えて少しやわらかさを足します。
今回は、こしあんの層の上に抹茶の層を重ねました。
少し高さが足りなかったので急遽加えました。
抹茶の層は、適当に作ったので量はわかりません。

[PR]
by chi-sara | 2010-08-14 14:30 | マクロビ・手作りゴハン

重ね煮カレー


f0110391_17395471.jpg


7種類の野菜を重ね煮してカレーを作りました。

■レシピ■
手元ある野菜をなんでも、みじん切りにして
順序良く重ね、最後にお塩を入れて一時間重ね煮。
その後、ブレンダーでペーストに。

ルーは、ごま油に、にんにく・生姜・唐辛子・小麦粉・を炒め
適当に調合したスパイスも加えたもの。

野菜のペーストに、ルーと、八丁味噌・なつめペースト・醤油
をさらに加えて少し煮込んだら出来上がり。



色々な野菜の深い甘み。
「食堂かたつむり」のりんこちゃんが作るざくろカレーのようなオリジナルカレーが作りたくて
コトコトやってみました。
インドカレーじゃないけど、お家カレーなかんじが好きです。

一日目は、車麩のフライと筍をトッピングしたカレー。
二日目は、ブロッコリーをトッピングしたカレーにして楽しみました。
[PR]
by chi-sara | 2010-04-26 17:46 | マクロビ・手作りゴハン

イチゴとココナッツのスクエアケーキ

f0110391_17241678.jpg

良いイチゴが手に入ったときに作っておいたイチゴジャムと
ココナッツもトッピングして、お気に入りのスクエア型で焼きました。
かわいい出来上がり。


■レシピ■
ミニスクエア型×5個分
(A)
地粉 150g
米ぬか 20g
B・P   小1
甜菜糖 40g
自然塩 3つまみ
(B) 
林檎ジュース 180cc
米油       50cc
メープルシロップ 小さじ2
(トッピング)
イチゴジャム 適宜
ココナッツフレーク 適宜
玄米ポンセン     適宜

Aの材料をふるいにかけて、Bを加え型へ。
飾りのイチゴジャム・ココナッツ・くずした玄米ポンセンをのせて
170度の(電気)オーブンで約30分。
イチゴジャムは、少しまぜ込んでも良いです。
[PR]
by chi-sara | 2010-04-26 17:27 | マクロビ・手作りゴハン

4月7日

誕生日でした。
小さな頃は、母が好物とケーキを用意してくれていました。
28回目となると、特別感も減ってきますね。

そろそろお母さんが陣痛に苦しんでいる頃だな~と
28年前に思いを馳せながら過ごしていたわけですが
なんとなく、楽しみたくなってミニケーキを作ってみました。

f0110391_1929329.jpg


イチゴのかわいいケーキにしたかったのですが、
思いつきだったので手に入ったのはキウイだけ。

豆腐と玄米ポンセンのホワイトクリームで、ちょっぴり誕生日ムードを盛り上げ
一人過ごした誕生日でした。

お祝いのメールを送ってくださった皆様ありがとうございました。
おかげさまで、幸せな気持ちになりました^^v
[PR]
by chi-sara | 2010-04-12 19:31 | マクロビ・手作りゴハン

ママさんと持ち寄り会

2人のママさんと持ち寄り会をしました。
8ヶ月と6ヶ月の赤ちゃんのママさんです。

f0110391_21542276.jpg


6ヶ月の赤ちゃんのママはジジさん
8ヶ月の赤ちゃんのママはananさんです。

お二人とも以前はお料理教室などでよくお会いしていたのですが
産前産後は、なかなかお会いできなかったので
お二人とお会いできるのが、本当に楽しみでした。

ジジさんとは、産後初めてお会いしたので
以前会ったときとは、違ってもうママさんなんだな~としみじみ思いました。

赤ちゃん中心の日々で大変なこともたくさんあると思いますが
優しい眼差しで、ゆるりとされていて、憧れてしまいます

赤ちゃんは、離乳食を食べ始めていて、おかゆをしっかり食べていました。

「赤ちゃんの排泄物を見て、消化・吸収できずに排泄されていれば
まだ早いということで、何を食べるべきなのかはそれぞれが判断すること」おっしゃっていたのが
印象的でした。
食事に限らず、育児の正解はひとつではなく、赤ちゃんとお母さんの数だけあっていいんだなと思いました。


本題の持ち寄ったお料理ですが、
桜の花びらが飾られた押寿司に、具沢山のカレー。
白菜と林檎の重ね煮。
味噌漬け豆腐とローズマリーを巻き込んだ春巻きなど。
ananさんもジジさんも、相変わらずすっごいお料理上手。
いつもながら、創作的なお料理でした。
デザートは、ゴマのパウンドケーキにベリーのスコーンなど。
どれも、おいしかった~。

何より、貴重なお時間を使って作ってくださったお料理がうれしかったです。

私は、テンペのマリネと最近ブームのフルーツサンドを持参しました。
テンペのマリネは、soyafarmのベジタリアンソースに梅酢や醤油、
アボカドオイルを加えたマリネ液に、グリルしたテンペをスライスしたタマネギと一緒に2日間漬け込んだもの。
簡単でなかなか癖になるお味でした。

かわいい2人の赤ちゃんに囲まれて、ワクワクするお話をたくさんして、
とても素敵な時間を過ごせました。
f0110391_21561250.jpg
[PR]
by chi-sara | 2010-04-04 21:56 | マクロビ・手作りゴハン

フルーツサンド

最近TVで見てから無性に食べたかったフルーツサンド。
昨日、大好きな天然酵母パンのお店「樸木」さんへ行ったので
食パンを買って帰りました。

f0110391_1443323.jpg



クリームは、玄米ポンセンやお豆腐など。
甘みは、甘酒でほのかに。
それから、林檎やドライフルーツを加えます。

樸木」さんのパンは、何もつけないでもおいしいので
贅沢な感じ。
食べたいものが食べられた。
至福のひとときでありました。
[PR]
by chi-sara | 2010-02-18 14:44 | マクロビ・手作りゴハン


すいとう・サボテン・マクロビオティックな日々


by chi-sara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
すいとう
サボテン
ヨーロッパ
マクロビ・ソトゴハン
マクロビ・手作りゴハン
料理教室
未分類

お気に入りブログ

休日アポロ
Feels like h...
奈良の空から
babel cafe ...
ベジごはん 笑顔じかん ...
樸木blog
ネコムラブログ
きもちぃ~生活
半分こ。。
ヒビノウタ☆
ミトンのマクロビキッチン
シアワセノカケラ
やさしいこころ
**FUWA*ふわ*FU...
自然印生活
Natural Swee...
vege dining ...
BOSCOの日記
ハンドメイド革ステーショ...
ゆったり まったりと・・・
じゅだめも
**FUWA*ふわ*FU...
すろー・すろーらいふ
オオニシ恭子のヨーロッパ...
PURE∞SOUL
まめつづら
h a n a ~穀菜料...
オオニシ恭子の薬膳日記
more more gr...
さえだ日記

ブログパーツ

以前の記事

2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

ライフログ


Re:S vol.1


Re:S Vol.2


オルタナ 2009年1月号


手づくりのすすめ


クロワッサン特別編集 ビオ・マクロビオティツクライフ Vol.7 オーガニック大研究 (マガジンハウスムック)


滋養ポタージュで始めるヨーロッパ薬膳 野菜だけで作るマクロビオティックスープ51 (講談社のお料理BOOK)


トゥエンティスリー


オールウェイズ・フィール・ディス・ウェイ EP(CCCD)


Rock My Fiddle


菜菜スイーツ―卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧